艶つや習慣で痒くなってしまうのはなぜ?

艶つや習慣を使うと痒くなる理由

艶つや習慣を使った方の口コミを見ると、「艶つや習慣を使うと肌が痒くなる」といった口コミも少数ですが、見かけました。

 

イボを取るために使いたいのに使用中に肌が痒くなってしまうのでは困りますよね。

 

なぜ艶つや習慣を使用してから肌が痒くなってしまうのでしょうか?

原因成分

特別アレルギーがない方や普通肌の方なら艶つや習慣を使っても肌が荒れたり痒くなることはありません。

 

ですが、アレルギーを持っている方の場合、艶つや習慣を使うと肌に痒みが出る可能性があることがわかりました。

 

艶つや習慣には、イボ取りに効果的な「ハトムギエキス」と「アロエベラ」が含まれています。

 

このハトムギエキスには「小麦」が使われています。

 

そのため、小麦アレルギーがある方が艶つや習慣を使用すると、肌に痒みが出てしまう可能性があります。

 

艶つや習慣を使用して肌が痒くなった方、小麦アレルギーやアロエアレルギーではありませんか?

 

もしアレルギーをお持ちの場合は使用を中止してください。

 

また、アレルギーでもなんでもないのに肌が痒くなってしまう場合は、肌が弱っている可能性があります。

 

体の免疫が弱っている時は普段はなんともない成分でも、肌荒れを起こしてしまうこともあります。

 

その場合は体調が整ってからまた艶つや習慣を使い始めてください。

 

艶つや習慣は使い続けることが大切

艶つや習慣でイボ取り効果を得るには数ヶ月間の期間が必要です。公式サイトでは3ヶ月間は継続して使用することを推奨しています。

 

これはイボをなくすだけではなく、イボができにくい肌質に変えるためにこれだけの期間がかかるからです。肌のターンオーバーは年齢に合わせて2ヶ月、3ヶ月とかかります。

 

イボができにくい肌室にするためには遅れがちな肌のターンオーバーを正常化させることも大切です。

 

艶つや習慣は使い続けることで肌の調子を整える効果もあるので、まずは肌の調子を見ながら艶つや習慣を使い続けてみてください。